エントリー

と・と・富山の薬うりぃ〜

  • 2010/10/05 21:28

私がおかっぱ頭「ワカメちゃんヘアー」の頃、
何ヶ月か一回大きな風呂敷を背中に背負って、チェックのハンチング帽をかぶったおじさんが、我が家にやって来た。
私は母の背中から首に手を回し、おじさんをじっと見ていた。
世間話をしながらおじさん懐に手を入れる。
と…私はいつもそれが楽しみだった。
おじさん赤い紙風船をくれるんです。
急いで父の所へ行くと…父は「ぽっ」と息を吹き込んでくれた。
パリパリと膨らんだ紙風船。夢中で遊ぶと…紙風船の性ですぐに裂ける。
と父があの木箱から絆創膏を出して貼ってくれた。

と・と・富山で、ホンワカした記憶を思い出させてくれた事と勝ち点3を頂けた事…感謝。

ページ移動

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

Feed